[新書]フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか(学芸出版社)

[書籍]フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか

地方活性化のヒントはフランスにある

内容紹介
日本と同じくクルマ社会で、郊外には巨大なショッピングモールがあるのに、なぜフランスの地方都市の中心市街地は活気に溢れ、魅力的なのか。「駐車場と化した広場」から「歩いて楽しいまちなか」への変化の背景にある、歩行者優先の交通政策、中心市街地と郊外を共存させる商業政策、スプロールを防ぐ都市政策を読み解く。

「できるかどうか」を問うのではなく、「どのようにしたら出来るか」を考えます―アンジェ都市圏共同体副議長

藻谷浩介氏(『里山資本主義』『和の国富論』)推薦!
「それってフランスの話だろ?」などと言わず、この本が、綿密な分析により、圧倒的な説得力をもって示す「事実」から真摯に学ぼう。 「ここに日本の地方都市の近未来がある」と気付いたとき、心に希望の灯が点る。

主要目次
1章 日本とフランス、地方都市の今
2章 「賑わう地方都市のまちなか」ができるまで
3章 「歩いて暮らせるまち」を実現する交通政策
4章 中心市街地商業が郊外大型店と共存するしくみ
5章 「コンパクトシティ」を後押しする都市政策
6章 社会で合意したことを実現する政治
7章 フランスから何を学ぶか
著者について
ヴァンソン藤井由実(VINCENT- FUJII Yumi)
ビジネスコンサルタント(日仏異文化経営マネジメント)。翻訳監修書に『ほんとうのフランスがわかる本』(原書房、2011年)、著書に『トラムとにぎわいの地方都市 ストラスブールのまちづくり』(学芸出版社、2011年、土木学会出版文化賞受賞)。本書の1章2項から6章までを執筆。

宇都宮浄人(うつのみや きよひと)
関西大学経済学部教授。著書に『路面電車ルネッサンス』(新潮新書、2003年、第29回交通図書賞受賞)、『鉄道復権―自動車社会からの「大逆流」』(新潮選書、2012年、第38回交通図書賞受賞)、『地域再生の戦略 「交通まちづくり」というアプローチ』(ちくま新書、2015年、第41回交通図書賞受賞)など。本書の1章1項と7章を執筆。

学芸出版社

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で業界共同新聞社をフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部記者

投稿者プロフィール

各地域向けプレスリリースは、こちらから送信ください。

http://recordasia.info/pressrelease/[プレスリリース受付窓口]

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 土地代0円!茨城県常陸太田市

  2. 劇団いばらき〜水戸黄門〜 ホロルの湯公演

  3. 大人気!九州ふっこう割

最新記事

  1. 小林稔侍主演 突然、家族を失った少年 彼が唯一心を開いたのは、 やさしい手をした豆腐屋…
  2. 黒沢清監督絶賛! 突然変異的に現れた天才映画作家による清新で鮮烈なる劇場デビュー作 …
  3. ●概要 常陸太田市では,男女が共に参画し,性別や年齢に関わりなく,その個性と能力を発揮することがで…
  4. Brioche Dorée (ブリオッシュ ドーレ)の クリスマス クロワッサン ~クリスマスム…
  5. 水戸偕楽園…
  6. フォーリーブスおりも政夫プロデュース! 懐かしの名曲をみんなで大合唱するイベントにご招待! …
  7. 50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。 …
  8. 🌸Piano Duo framboise 2nd Recital🌸 …
  9. 日刊八王子市新聞を運営する、全国仲人連合会 八王子椚田支部は、八王子市役所の「市…

公式Facebookページ

おすすめ記事

  1. 映画「わたしたちの家」

  2. Brioche Dorée (ブリオッシュ ドーレ)のクリスマス クロワッサン

  3. 常陸牛 牛べん! by東京駅

  4. 茨城県常陸太田市里美地区イベント

運営団体及び発行元

一般社団法人 業界共同新聞社
〒311ー0505
茨城県常陸太田市大中町2779
ページ上部へ戻る