「ゼロ・ウェイスト社会構築」の実現へ/首都大学物理学科 広瀬立成名誉教授

「ゼロ・ウェイスト社会構築」の実現へ

首都大学物理学科 広瀬立成名誉教授

首都大学物理学科・広瀬立成名誉教授は、「ゼロ・ウェイストの会・会長」として、著書、講演などを通じて、広く社会に訴えている。

「ゼロ・ウェイスト」とは、ゴミのリサイクルではなく、ゴミを出さない社会を目指すというもの。

「もったいない社会をつくろう(本の泉社)」

広瀬 立成:著, 遠藤まり子:デザイン
A5判 64ページ ブックレット
定価:600円+税
ISBN978-4-7807-1197-4 C2036
2015年1月発行

目次
はじめに 2
1.持続性の基本
(1)質量転化率 5
(2)物質循環 13
2.ごみと持続性 20
3.自然エネルギー 31
4.ゼロ・ウェイスト社会へ 37
5.世界のゼロ・ウェイスト
日本の常識“ごみ焼却”は世界の非常識 45
6.浪費社会からゼロ・ウェイスト社会へ 57
あとがき 62

[前書きなど]
ここで示したスライドは、2014年9月28日、大津市で開かれた「自治体問題全国集会、第三分科会:循環型社会形成と環境問題~ゼロ・ウェイストを目指して」での講演をもとにしています。そこでは、ごみの〝燃焼〟を科学的な立場からとらえ、日本のごみ処理の非持続性を指摘しました。
~~~
ここで大切なのは「科学の目」です。
まず、焼却炉に投入したごみが、焼却によってどのような道筋をたどるかを考えてみます。ごみは、燃えて熱を放出しつつ、最後は煙突から煙になって空気中に出ていきます。また、燃えかすとしての焼却灰も焼却炉の底に残ります。「科学の目」は、焼却にかかわるすべての物質や熱エネルギーを取りこぼしなく見ていきます。それは名探偵が、怪しいと思われる人物と、その人物がおかれたすべての状況を把握して、犯罪のストーリーを解明することに似ています。
(「はじめに」より)

科学の目・探偵団の倫理観は、「未来世代に対する暖かい思いやり」です。「自分たち世代だけが、物質的に恵まれていて、楽しい日々が送ることができればそれでいい」という発想は、「科学の目」から導かれる持続社会のあり方に反するもので、断じて許すことはできません。
(「あとがき」より)

[著者プロフィール]
広瀬 立成(ヒロセ タチシゲ)
1938年、愛知県生まれ。
首都大学東京名誉教授。理学博士。

遠藤まり子(エンドウ マリコ)
デザイン(表紙・図・イラスト):遠藤まり子

提供:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部記者

投稿者プロフィール

各地域向けプレスリリースは、こちらから送信ください。

http://recordasia.info/pressrelease/[プレスリリース受付窓口]

この著者の最新の記事

関連記事

市区町村1742NEWSメールマガジン

ピックアップ記事

  1. 土地代0円!茨城県常陸太田市

  2. 劇団いばらき〜水戸黄門〜 ホロルの湯公演

  3. 大人気!九州ふっこう割

最新記事

  1. 水戸偕楽園…
  2. フォーリーブスおりも政夫プロデュース! 懐かしの名曲をみんなで大合唱するイベントにご招待! …
  3. 50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。 …
  4. 🌸Piano Duo framboise 2nd Recital🌸 …
  5. 日刊八王子市新聞を運営する、全国仲人連合会 八王子椚田支部は、八王子市役所の「市…
  6. 太宰府天満宮の「太宰府みやげ」贈呈 地方自治体の発行する広報紙アプリ「マチイロ」でおなじみの株式会…
  7. 「粘土職人よっちゃんと愉快な仲間達」展 2017年、3月26日(日曜日)、水戸プラザホテル アトリ…
  8. 第7回 游玄作品展 山梨県のホテルマウント富士「宝永の間」にて、第7回 游玄作品展「鯉のぼり」が開…

おすすめ記事

  1. 常陸牛 牛べん! by東京駅

  2. 茨城県常陸太田市里美地区イベント

運営団体及び発行元

一般社団法人 業界共同新聞社
〒311ー0505
茨城県常陸太田市大中町2779
ページ上部へ戻る